素人には危険

蜂の巣を除去

一番気をつけなくてはいけない蜂

ハチは身近にいるので馴染みは深いものでしょう。ただ、刺されることがあるので、苦手なひとが大半だと思います。このようなイメージは、誰でも蜂に対して持っているのではないでしょうか。ミツバチやアシナガバチは誰でも知っている存在でしょう。スズメバチだと、オオスズメバチを思い浮かべると思いますが、キイロスズメバチのほうが身近にたくさんいるのです。小柄で黄色い体をしていて、基本的に人家の屋根裏や床下、軒下に巣をつくる習性があります。ですから、刺傷被害件数もキイロスズメバチによるものが最も多く報告されているのです。オオスズメバチ同様に、気性が荒く、巣に近づくだけでも人に危害をくわえる危険性が高いのです。現在、一番気をつけないといけない蜂でしょう。

都会でも蜂に注意する

最近ではキイロスズメバチの駆除が多くなっています。それは、人の生活圏での活動が目立ってきているからでしょう。キイロスズメバチは自然の生活より都会の生活環境に適応しはじめているのです。人家の軒下に巣をつくることは、もともと多かったのですが、食糧を調達するために都会へ出掛けているのです。人の食べ残しやジュースの飲み残しを持ってかえるのです。自然界で食糧を探し回るより、都会に行く方が簡単に食糧を集めることが出来ることを学習しているのです。ですから、都会でも蜂に注意しなくてはいけない時代となるでしょう。